トップイメージ

留学には種類がたくさんあること

グローバル化がますます進む今日の社会の影響もあり、外国語や海外の文化に触れてみたいという考えを持つ人が増えていますし、企業レベルでみても国際文化理解や国際コミュニケーション能力に優れた人材を求める傾向が強くなってきています。

海外展開を行う企業が増えていますし、国際競争が今後厳しさを増すことが想定されており、政府も国際的に通用する人材育成には積極的です。

実際に公立や国立の学校で海外の学校と姉妹校提携を結ぶ学校は増えており、姉妹校同士での交流や交換留学なども活発に行われています。

このような背景もあり、外国文化に興味を持つ人が増え、海外で独自の文化に触れたり、専門的な分野について学習をしたいという意欲を持つ人が増えてきているのです。

海外で文化や語学、専門的な内容を学ぶためには留学が最もポピュラーな方法となります。しかし一口に留学といっても一ヶ月程度の短期のものから数年単位の長期のものまでその内容や期間など種類は様々なものがあります。自分が海外に行って何をして何を学びたいのかを明確にし、自分の目的に合った種類の留学をしたいですね。

留学の種類には学校に通って学習をするタイプと海外の文化に触れて海外での生活を体験することを目的としたタイプと、大きく分けて2種類に分けることができます。

学習タイプの留学は主に短期間の語学研修や学位や単位の修得を目的とした大学や短大への留学、また専門的な知識や技術の習得を目的とした専門学校への留学を挙げることができます。

語学研修や専門学校への留学は1ヶ月など短期間行えるものも多く、手軽に海外で学ぶことのできる入門的な意味合いが強くなっています。大学へ通う場合は正規の課程修了を目指すものと一部の専門的な分野を学習するものとに分かれており、入学の条件や難易度も異なります。日本で自分の通っている学校から一時的に通ったり、編入学をすることも可能なので、事前に確認をしておくと良いですね。

一方で文化や生活を体験するタイプの場合、ワーキングホリデーやファームステイなどが代表的なものとして挙げることができます。ファームステイは海外の農場生活が体験でき、ワーキングホリデーは海外で仕事をしつつ勉強をすることができる制度となっています。

特にワーキングホリデーは日本と提携を結んでいる12の国で行うことができ、最長で2年間仕事をしつつ語学や文化を学ぶことができます。海外での就労体験は日本で働く際でも大きな財産となることでしょう。

レコメンドサイト


ページトップへ
Copyright (C) 留学には種類がたくさんあること All Rights Reserved.