トップイメージ

ワーキングホリデーで海外で仕事留学

グローバル化がますます進む今日の社会において、語学や外国の文化を学ぶことはますます重要なこととなっています。 教育現場を見て見ますと、海外の学校と姉妹校提携を結んで学校間の交流の動きが活発になっていますし、海外への交換留学を実施してる学校の数も多くなってきています。 企業においても海外進出をし、グローバルに事業を展開する企業が増加しているので、今後ますます国際理解や国際コミュニケーション能力を持った人材への需要は高まると考えられます。 若いうちに外国への留学を考える場合、多くの人の頭に浮かぶのが短期間の語学留学や現地大学への短期もしくは大学卒業までの4年間の留学など、主に勉強を目的として学校に通う留学でしょう。 実際に学習留学は制度やわかりやすく、情報も豊富にあります。現在自分が通っている大学にも制度が整っているということも大いに考えられるでしょう。しかし、学習面以外の面、外国の文化や仕事に関する取り組みなどについても学びたいと考えているならワーキングホリデーという方法が有意性が高いといえるでしょう。 ワーキングホリデーとは働きながら海外で勉強ができる制度で、国際交流を目的として政府間協定によって誕生した制度です。おおよそ18歳から30歳までの若者が対象となっており、最長で2年間の滞在が可能なため、長い期間滞在して文化や語学を学ぶのに適した制度なのです。 日本ではカナダやオーストラリア、イギリスなど12カ国とワーキングホリデー協定を結んでおり、アジアやヨーロッパ、北米など、自分の行きたい国を自由に選ぶことができます。 ワーキングホリデーの最も大きな特徴は外国で仕事ができるという点にあります。レストランや販売店などが人気が高く多くの人が経験できる仕事となっています。また、日本ではなかなか経験ができない農牧場の仕事を経験する人も少なからずいます。現地でやってみたい職種がある場合、専門用語などの語学力を向上させることはもちろん、どのようなスキルが求められるのかをあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。

レコメンドサイト

旅行準備期間のスーツケースレンタル料金無料!


ページトップへ
Copyright (C) 留学には種類がたくさんあること All Rights Reserved.